アジアMBA夏祭り 不参加の件

最近おっさんになってきたので、日本でマンションを見に行くことがあるが、
やはり2年間も中国にいて、しかもMBAとった後に不動産を見て回るのは危険だと感じている。

中国MBAをとって、東京で不動産をみると危険な二つの理由

1. ついつい上海と比較してしまう。

東京でも都心部を中心に不動産価格は上昇しているが、
中古マンション価格がここ15年くらいで4倍くらいになっている上海と比べると

「あれっ、東京安くね?」

と錯覚してしまう。

実際たまにwechatで中国人同級生から日本不動産安すじゃね?
買いたいんだけどみたいなメッセージが届くことがある(↓これは東京ではないが)

上海に住んでいる中国人から東京はとても安く感じるんだろう。

2. 借金は悪いものじゃない。

日本人は教育で、借金=悪と教え込まれるが、
会社経営的にはDebt(借金)のコストの方が、Equity(自己資本)のコストよりも安い。
しかもこの日本の超低金利。。。
こんなもんお金借りたもんがちじゃん。という発想になってしまう。

以上のように、中国人の楽観性と勢いをもって、且つMBAでそこそこファイナンスをかじると、結果的に不動産を買いたくなっているという現在の極めて危険な状態に繋がるのである。

一度頭を冷やして、今いる場所と国を再確認しなければいけない。

ちなみに今いる国は、所用で

トルコ・イスタンブールの空港ラウンジである。
これまたバブリー。

今週末のアジアMBA夏祭り不参加の件

前置きが長くなりました。
実は今週末のアゴス主催のアジアMBA夏祭りに急用が入ってしまい、参加出来なくなってしまいました。
自分もとっても楽しみにしていたのですが、直接コンタクト頂いた方々や、ご参加予定だった方申し訳御座いません m(_ _)m
自分は参加出来ないのですが、代わりにとっても優秀な先輩に登壇頂けることになりました。

自分も受験生時代に参加したことがありますが、アジアのMBAスクールをたくさん1日で回れて、受験勉強の最後の追い込みでなるべく時間をロスしたくない受験生にとっては、とっても有り難かった記憶があります。

午前中がパネルディスカッションで、午後が各MBAスクールがブースを設営して、アラムナイがよりディープに個別に質問に答えてくれるようなスタイルだと思います。

CEIBSに関する質問等はお気軽に自分まで

それでも、時間の都合上イベントに参加出来なかったり、
CEIBSのブースが当日混んでいて(それはそれで嬉しいけど。。。)全然話を聞けなかったとか、あればいつでも自分までこのブログを通じてコンタクト頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です